Technology

Youtube動画コンテンツ解析技術

gp_tech

 

Youtube動画のコンテンツを、動画内の会話やセリフや動画タイトル・説明文・タグなどを形態素解析することで、マーケターが望むコンテンツにキーワードで指定し広告配信することが可能です。

 

同時に、動画に紐づくデータ(視聴数や高評価数・低評価数、公開日)なども活用し、配信量へのインパクトやその動画のテイストも学んでいます。

 

他社解析技術との違い

GPでは、表面的なYoutubeのタイトル・説明文のテキスト分析のみならず、コンテンツ内の内容まで解析を行っております。

また、それらのコンテンツに対して形態素解析をした上で、キーワードごとの重み付けをし、対象のキーワードの関連度も判断しています。

 

keitaiso

 

OCR技術

動画内に出現するロゴや文字なども検出し、ターゲティングや除外可能なキーワードとして関連付けを行っています。これにより直接的なコンテンツのみならず、隠れたキーワードのターゲティング機会の最大化、ブランド毀損の可能性の最小化を実現しています。

ocr

Youtubeブランドセーフティ

Youtubeのコンテンツは全てが安全ではない。

 

Youtube上は、タイトル・説明文、もしくはチャネル全体のネーミングバリューだけでは判断できないブランドにとって望ましくない(ブランド毀損)動画コンテンツが予想以上に多く存在しています。そして、Youtube広告キャンペーンを実施する際に使用するプラットフォーム(Google広告やDV360)では、そのような好ましくないコンテンツを効果的に避ける方法が用意されいません。さらには、Youtubeのポリシー変更が21年6月に施行されたことにより、解説されて間もない質の評価ができないYoutubeチャネルのコンテンツにも、広告が表示されることになり、Youtube上におけるブランドセーフティのニーズはより一層高まっています。

GPでは、動画コンテンツ上のダイアログ(発言内容や会話)を分析し、ブランド毀損を起こすような動画の特定を行っており、今まで実現が困難であったYoutube上でのブランドセーフな広告配信を実現しております。

brand_safety

正しいYoutube広告の実現

ユーザーフレンドリーな広告を届ける

 

現在、Youtube上の多くの動画広告は、ユーザーが視聴中おコンテンツ文脈に関連性が低い広告が多く配信されている状況です。特に、モバイルゲームアプリやコンプレックス商材などのデジタル広告予算が豊富な商材が多数見受けられます。これが多くのユーザーにとって、Youtubeの広告は質が低くて不快感を覚える一因となっています。

 

GPのコンテキスチュアル広告配信技術を活用すれば、プロモーションしたい商品やサービスにぴったりな動画コンテンツ上で、ユーザーは広告視認するため、ユーザーの邪魔にならないユーザーフレンドリーかつ記憶に残りやすいインパクトをつくることが可能です。

 

gp_match_relevancy3