Workflow

GP動画広告配信までのプロセス

overview_ad_serving

 

Step1

ファーストステップとして、キャンペーンのブリーフの共有をいただきます。GPクライアントサービスチームが、キャンペーンオブジェクティブ、期間、予算などの基本的な内容をはじめとして、どのようなコンテンツを狙ってユーザーにリーチしていくか(ターゲティングストラテジ・戦略)のヒアリングを行います。

 

Step2

コンテクスチュアルターゲティング戦略をベースとして、コンテキストリストを作成します。キャンペーンのもう的に合わせて条件設定する事で多様なコンテキストをトリガーに広告配信することが可能です。

軸としては、主に下記のようなものが使用されます。

Company/Product: 自社・競合関連のブランドが登場する動画コンテンツを解析し広告配信
例) CELINE, HERMES, LOUIS VUITTON, CHANEL, LOEWE, etc
Objects: 動画コンテンツに登場する物体や製品を理解して広告配信
例) ハイブランドバッグ、ハイブランドコスメ、ハイブランドジュエリー, etc

Activities: 動画コンテンツに登場するアクティビティを検知して広告配信
例) ブランドバッグレビュー、ジュエリー紹介, etc

Celevrity Names: 動画コンテンツに登場する特定人物を解析し広告配信
例) 山下智久(ブルガリアンバサダー), Rose(Tiffanyアンバサダー), 大阪なおみ(ルイヴィトンアンバサダー), etc

 

gp_planning

 

Step3

Step2のコンテキストターゲティングリスト決定後、Youtube上の動画のコンテンツ解析をGPのエンジンで行います。

 

Step4

ターゲティングに最も適した動画コンテンツ(数万から数百万ほどの動画群)を自動抽出し、プレイスメントID(動画ID)のリスト化を行います。クライアントサービスチームのほうで目視チェックし、最終的なリストとします。

 

Step5

プレイスメントID(動画ID)のリストをDV360(ディスプレイ&ビデオ 360)若しくはGoogle Ads(Google広告)にアップロードし広告配信を開始し、運用します。

gp_analysis

GP ワークフロータイムライン

gp planning

 

No. プロセス 期間
1. キャンペーンのブリーフをもとに(配信したいコンテクスト、除外したいコンテクスト)をロゴ、セレブ、アクティビティ等の形で見積もりリストを作成します。 2営業日
2. コンテキストリスト確定 配信予定日の7営業日まで
3. リストをもとにターゲットコンテキストの配信及び除外設定をマシーンラーニングが開始します。 2 – 3 日
4. 動画の処理 – GPが動画のコンテキストを理解した後、YouTubeの動画を処理しキャンペーンに最も関連性の高い動画をリストアップします。 3 – 4 日
5. 入稿締め切り(広告素材等) 配信予定日の5営業日前まで
6. フリークアウトアカウントにYoutubeキャンペーンを作成しコンテキストに関連する動画IDを設定します。 Googleの広告審査24-48時間
7. キャンペーン開始後、GPは必要に応じて文脈に沿ったビデオIDをキャンペーンに提供します。 随時
8. キャンペーンレポート、ハイライト、これまでのパフォーマンスの進捗状況。 週次ベースでご報告
9. キャンペーン後の速報値のご共有 キャンペーン終了翌営業日
10. キャンペーン後の確定値のご共有 概ねキャンペーン終了後3営業日以内
11. キャンペーンアナリティクスレポート(グロス300万円以上にてPPTレポートを作成させていただきます) キャンペーン終了後2週間以内